ブログ

Blog

助産師ブログ

Blog

定期的に当クリニック助産師から、出産・育児に関するアドバイスを更新していきます。
また、当院でのスクールの様子やケアについても更新していこうと思います。
出産や育児にお悩みの方や不安を感じている方へ 助産師からメッセージを込めて。

ブログはじめました。

こんにちは。

ゆりレディスクリニック 助産師のごとうです。

助産師ブログはじめました。
妊婦さんに向けて、妊娠中にできるからだ作り、生活について、出産が近づいた時の心構え、出産後の赤ちゃんとの生活についてなど。
また、当院でのスクールの様子や助産ケア、スタッフが大切にしていること、当院に受診している方の妊娠、出産、子育てがより楽しめるようにブログを通じて発信できればと考えています。

12月になりました。寒い日が続くようになりましたね。
今回のテーマは「冷え」について

身体の冷えは古くから、万病のもと と言われています。
それは男性、女性関係なくどの世代にも言えることです。
もちろん妊婦や産婦にも同じことが言えます。

妊婦も「冷え」は大敵です。
体が冷えることで、お腹が良く張ったり、むくみやすくなったり、逆子になったり・・
身体は正直です。
マイナートラブルがある時こそ、体が冷えていないか確認してみてください。
産婦にも「冷え」は大敵です。
陣痛がなかなか来なかったり、陣痛がきているのになかなか出産に至らなかったり、子宮の循環がよくないとお産にも響きます。
妊婦、産婦は足元を温めるようにしましょう。
この時期は足首まである靴下やレッグウォーマーは必需品になりますよ。
お家では温かいものを飲んだり、食べたりして体の中から温めましょう。
お風呂も効果的です。半身浴などおすすめです。

急に寒くなって体も赤ちゃんもびっくりしているかもしれません。
どうぞ身体を、冷やさず体調も整えれるといいですね。

も~いくつ寝ると…♪

こんにちわ。

ゆりレディースクリニック 助産師軍団 お笑い担当、ふじがきです。
(…不安になった患者様方、大丈夫です、ちゃんと仕事します!)
妊婦さん向けの情報提供のほかにも、お産にまつわる雑学や、余談も混ぜてお伝えしていこうと思いますので気楽に読んでいただけたら嬉しいです。

今日は今年一の寒波がやってきましたね、朝起きたら一面の銀世界にびっくり!
クリニックの庭もきれいな雪化粧でした。
前回のブログでお話ししたように、女性にとって「冷え」は大敵です。
みなさんあったかくして過ごしてくださいね。

さて、もうあと3日で今年も終わりです、一年早い!
みなさんも大掃除、年賀状印刷などなど年末行事に追われているのではないでしょうか?
今はお掃除も便利グッズがたくさん出ていますが、昔の人のようにしゃがんで雑巾がけをしたり、窓拭きをしたりするのは、妊婦さんにはおススメのプチ体操になりますのでぜひやってみてください。
お産では意外に普段使わない筋肉を使うので、産後「なんでこんなところが筋肉痛!?」ということもあります。太ももの内側や、ふくらはぎ、股関節を伸ばしたりするのに、立ったりしゃがんだりを繰り返すスクワットなどはとっても有効です。
便利なグッズに頼らず、今年はストレッチお掃除もいいかもしれませんよ。
あ、もちろんお腹の張りを自覚している妊婦さんは無理をしないでくださいね!

それでは皆さん、良いお年をお迎えください。
新しい年が皆さんにとって素敵な年になりますように!

外来は1月4日からになります。
妊婦健診の皆さん、また、1月にお会いしましょう。
美味しいものがならぶお正月、体重増加の呪縛に負けないよう、食べ過ぎにご注意くださいね~(笑)



あけましておめでとうございます

こんにちは! 助産師のさかいです。 

みなさん、年末年始はいいかがお過ごしでしたか?
当院では、大晦日も元日も赤ちゃんが生まれ、おめでたい年越しになりました☆


さて、明日1月7日は五節句の一つ『人日』です。
『七草の節句』ともいい、七草粥を食べる日です。

なぜ人日に七草粥を食べるのか…

その昔、中国では人日に無病息災を願って七草入りの汁物をいただく風習があったそうです。
一方日本でも、年の初めに若菜を摘む『若菜摘み』という風習があり、それらが合わさって『七草粥』を食べる日となったようです。

つまり、“お正月の暴飲暴食で疲れた胃腸を休める”だけではなく、“時季の食物をいただき、今年一年健康に過ごせるように願う”ことも大切な目的なのですね。

スーパーによっては、七草粥セットが売られているところもあるようですから、お手軽に調理ができそうですね。

「七草粥はちょっと……」と思われる方、、、
冬野菜で代表的なものに、白菜、ほうれん草、春菊、芽キャベツ、ブロッコリー、カブ、芋類などがあります。
それらの野菜をたっぷり使って、鍋やスープにしても良いですね。

上記の野菜には、塩分の吸収を抑えるカリウムや葉酸、食物繊維が豊富に含まれています。
好きなもの、苦手なものがあるかも知れませんが、どれかに偏って摂取するのではなく、少しずつでも色々な種類を食べてくださいね。

もちろん、味付けは塩分控えめに !!

昆布、鰹節、きのこ類などの旨味を上手く活用したり、生姜やゆずなどの香りが強いものを加えたりすると、少しの塩分でも満足できる味付けになりますよ。



岐阜市で産婦人科をお探しの方は一色の森 ゆりレディスクリニックへ

058-246-1011