岐阜県岐阜市の産婦人科 一色の森「ゆりレディスクリニック」 各務原市関市羽島市岐南町一宮市江南市からも近く、女医による診療で安心。

産科医療保障制度

トップページ > 産科医療保障制度
「産科医療保障制度」は、ご出産で重度の脳性麻痺となった赤ちゃんとそのご家族のことを考えた新しい補償制度です。
いつから始まるの? 2009年(平成21年)1月1日以降に生まれた赤ちゃんが対象となります。
補償対象となるケースは? 出生体重2,000g以上かつ妊娠33週以上のお産で、赤ちゃんが重度の脳性麻痺となったケースです。
妊娠28週以上でも一定の要件を満たす場合は、補償の対象になります。
2015年1月1日から補償対象基準が変更され、
出生体重1,400g以上かつ妊娠32週以上のお産が対象になります。
補償内容は?準備一時金として600万円、看護・介護費用として年間120万円が20年間、総額3,000万円が補償金として支払われます。
産科医療保障制度の目的
妊産婦の皆様が安心して産科医療を受けられるように、病院、診療所や助産所といった分娩を取り扱う機関が加入する制度です。
分娩機関に過失がなくても補償金が支払われる、画期的な制度です。
重度脳性麻痺の発症原因を分析し、再発防止に資する情報を提供します。
公正で中立的な第三者機関として財団法人 日本医療機能評価機構が運営にあたります。
補償の対象
「出生体重2,000g以上かつ妊娠33週以上」、または「妊娠28週以上で所定の要件に該当した場合」で出生した赤ちゃんに、身体障害者等級1級または2級相当の重度脳性麻痺が発症した場合に補償の対象となります。(先天性の要因等については補償の対象外となることがあります)
補償の水準・掛金
分娩に関連して発症した 重度脳性麻痺の赤ちゃんに対して、看護・介護のために、
一時金600万円と分割金2,400万円、総額3,000万円が補償金として支払われます。
掛金は、 分娩機関が負担しますが、その負担に伴い分娩費の上昇が見込まれることから、出産育児一時金での対応が検討されています。
詳しくは財団法人日本医療機能評価機構 産科医療補償制度運営事業のホームページをご覧ください。
ページトップへ
Copyright(C) ゆりレディスクリニック All rights reserved.